当施設における新型コロナウイルス感染者の発生について

 この度、2月28日(月)に、特別養護老人ホーム飛鳥介護職員1名が、定期的に週に1回実施しております抗原定性検査において陽性が確認されました。

その後、保健所の指示により3月2日に濃厚接触者にあたる入所者様13名にPCR検査を実施し陰性が確認されております。

また職員につきましても、3月2日までに抗原定性検査を行い、全員の陰性を確認しており、本日までご利用者様、職員に発熱等の症状はみられておりません。引き続き、保健所の指示により濃厚接触にあたる入所者様に引き続き、健康観察をしっかり行っていきたいと思います。

また、面会もままならない状況が続く中、心待ちにされていた入居者様及びご家族様には大変申し訳なく、心苦しく思いますが、もうしばらくオンライン面会を中止とさせて頂いております。ご理解の程、宜しくお願い致します。

皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

今後も安心してご利用いただける施設として職員一同、感染拡大防止に取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。 

                         

社会福祉法人 とりかい

施設長 筒井 公代